11/20「子どものいる暮らしの中ではたらくを考える座談会」


今回、11/20日(土)の公演の後に、非営利型株式会社Polaris主催の座談会を同会場で行います。劇団バナナ代表の草野も参加予定です。午前に劇団バナナのバイリンガルシアターを楽しんだ後、改めて自分自身について、誰かとともに考えてみませんか?座談会だけの参加ももちろん大歓迎です!


以下、Polarisのサイトからの抜粋になります。

************************


自分が本当に大切にしたい暮らし方とはたらき方とは?

100人100通りの感じ方を大事にし、「ここちよく暮らし、働く」という問いから多様な答えが共存できる方法をみんなで考える座談会。


思いもよらず「暮らし」と「はたらく」がいきなり混ざってしまった昨年のステイホーム期間。多くの人がリモートワークとなり、画面越しに「子どものいる暮らし」ではたらくことを目にするようになったのではないでしょうか。 今までは、そうせざるを得ない人たちや、ライフスタイル、価値観としてあえてそうしている人たちだけが、子どものいる暮らしの中ではたらいていたかもしれません。 しかしコロナによって、望むと望まざるとにかかわらず、子どもの暮らしと親の暮らしが混ざりあわざるを得なくなりました。 また子どもがいない人にとっても、自分の暮らしと仕事が混ざり合う、そんな風にみんなが大きな変化を受けて、それぞれの人々の暮らし方、はたらき方にも、いろんな「問い」が立ったように思います。 そんな変化を経た今だからこそ見えること、話せることがたくさんあると考えています。 今までの自分のあたりまえを越えるためにも、多様な人同士で改めて振り返り、気持ちを持ち寄り語り合う。そして、本当に大切にしたい「暮らし方」「はたらき方」を考えてみませんか?


日時:2021年11月20日(土)12:00~13:30 会場:社会福祉法人 こひつじ会 こひつじ国際共育センター コワーキングスペース 定員:10名 ※定員になり次第締め切りとさせていただきますので、お早めにお申込ください。 参加費:500円(ランチ付きチケットは1,500円)   主催:非営利型株式会社Polaris、社会福祉法人こひつじ会 こひつじ国際共育センター劇団バナナ

お申込:こちらからお申し込みください。



閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示