top of page

【楽曲紹介⑤】フィリピン、インドネシアの学校の校歌にまでなった伝説の曲!

【劇団バナナの楽曲紹介⑤】

これは劇団バナナの前身であるICUの劇団虹が2006年のインドネシア、アチェ公演に持っていた作品、吉益美帆作の「レインボー航海記」のために私が作詞、作曲した曲で、その後いろんな国に劇団虹が持っていき、今ではフィリピンのどこかの学校の校歌にまでなっているという「ともだちのうた」です。控えめに言って、、、めっちゃいい曲です!!!

2019年に劇団バナナのために作った「スカイ&エスター〜船上の対決〜」でこの曲を再度採用しました。



******


「ともだちのうた」

作詞&作曲:草野七瀬 ​編曲&演奏:栗原雅子 ​うた:草野七瀬、松田英亮、谷治智、 斎藤亜有、石多大地

1、 近くにいるよ いつでもほら  かけがえのない宝物さ どんなに強い 雨がふる日も 僕らは一人じゃないんだ

近くにありすぎて 気づかなかったもの 遠くばかり見つめていて 見落としてたもの 君がいて 君がいる  君がいて 君と君がいる  それぞれの色に輝く大切な人 君の手と 君の手を  重ね合わせて生きてこう 僕らは友達 2、 大きな海を渡るような 人生は旅だと 誰かが言った 嵐にゆれる夜があっても 僕らは一人じゃないんだ 向かい風だって腕を広げれば いつか空を飛ぶように 自由になれるから 君がいて 君がいる  君がいて 君と君がいる  それぞれの色に輝く大切な人 君の手と 君の手を  重ね合わせて生きてこう 僕らは友達




閲覧数:51回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page